【レシピ】七草がゆの作り方♪1月7日に七草がゆを食べる由来

1月7日は七草がゆの日「人日の節句」です。1月7日に七草がゆを食べると、一年間無病息災で過ごせるという言い伝えがあります。

私は30歳になるまで七草がゆを食べる習慣がなかったのですが、去年から1月7日に七草がゆを食べるようにしています。なぜなら、2016年は前厄だったから(笑)良いといわれることはとことんやっておこうと思い、七草がゆをいただきました。

一年間思い返してみれば、たしかに大きな病気はしなかったように思います。引っ越し疲れで少しダウンしたくらいでしょうか。インフルエンザもノロウイルスも無縁でした!

単なる偶然かもしれませんが、日本の伝統を大切にすることは大事です。今年も七草がゆをいただこうと思います♪

スポンサーリンク

お正月の疲れた胃にも!1月7日は七草がゆをいただきましょう♪

七草とは?

春の七草

春の七草は以下の7つを指します。

  • セリ
  • ナズナ
  • ゴギョウ
  • ハコベラ
  • ホトケノザ
  • スズナ
  • スズシロ

これら全てを収穫に行くのは大変ですが、スーパーへ行けば「春の七草セット」として置かれています。去年は1パック400円前後だったように思います。今年は違うスーパーで買ったので300円ほどで購入できました♪

七草がゆの作り方

材料(4~5人分)

  • 春の七草セット
  • ごはん 茶碗3杯分
  • だしの素 大さじ1
  • 水 適量
  • 塩 小さじ1~2
  • しょうゆ 大さじ1~2

作り方

  1. 炊いてあるお米をざるに入れてさっと洗います。(粘りが取れておいしくなります)
  2. 春の七草を青茹でし(塩を入れたお湯で茹でる)、冷水にとって水気を絞ります。しっかり水気を絞ったらみじん切りにします。
  3. 土鍋に1のごはんを入れ、ひたひたになるくらいまで水を入れたらほんだしを加えて煮ます。10分ほど煮たら2の七草を加え、塩としょうゆで調味します。
  4. お好みの味に調味したらできあがりです。七草を加えたら煮すぎないようにしましょう。(色鮮やかなうちに)

七草がゆを食べて今年一年も健康に♪

日本にはとても素敵な伝統行事がたくさんあります。ただ食べるだけではなく、「なぜ1月7日に七草がゆを食べるのか」話しながら食べると良いですね。

最後までブログを読んでくださってありがとうございました。次回の更新もお楽しみに(・ω<)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローする☆

     コメントをどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です