【雑学】2016年の十五夜、満月の日はいつ?月見団子レシピも♪

お月見2016

もうすぐ中秋の名月、十五夜ですね!みなさん、すすきを飾ったりお月見団子を作ってお月見はされるのでしょうか?

けど、あれれ・・・お月見の日毎年同じ日だっけ・・・十五夜というくらいだから、15日なのかな?満月はいつだろう・・・と気になったので、調べてみました!

スポンサーリンク

2016年の十五夜はいつ?

十五夜は暦によって毎年日にちが違います。今年2016年は9月15日です!偶然、十五夜・・・15日ですね♪

そしてなんと、9月15日は娘の誕生日!しかも娘はうさぎ年生まれなのでなんとなく親近感が湧いちゃいました♡

十五夜の日が満月なの?

2016 十五夜 月見団子.JPG

実は、十五夜の日が満月になるとは限りません。新聞を見てみると、今日9月14日の月齢は12.7となっていました。

昨日は11.7です。ということは、満月になる月齢15に近くなるのは9月16日、17日あたりでしょうか?十五夜だからといって満月ではなかったんですね~。

毎年十五夜のころにお月見団子は作っていましたが、十五夜の日に食べていたのか、満月の日に食べていたのか・・・思い出せません(笑)

私の住んでいる地域の16日あたりの天気予報は曇りです。綺麗な満月が見れるといいのですが・・・( ノД`)シクシク…

ちなみに十五夜のある9月10月は毎年台風が多く発生するころなので、江戸時代には「中秋の名月、十年に九年は見えず」と言われていたそうです。

なぜすすきを飾るの?

十五夜にはお月見団子を用意してすすきを飾りますよね。娘も保育園ですすき取りに行っていました。

スポンサーリンク

すすきは月の神様を招く印として飾ると言われており、十五夜にすすきを飾ると一年間病気をせず健康に過ごせると言われています。

お月見団子と一緒にぜひすすきも飾ってみてくださいね。

お月見団子の作り方

十五夜 月見団子 2016.JPG

お月見団子はとっても簡単に作れます♪もちもちした団子にするためには1つコツがあり、水の代わりに「お豆腐を入れること」です!!

驚くほどモチモチしたお月見団子になりますよ。

材料 約25個分

  • 白玉粉(もしくはもち粉) 200グラム
  • 絹豆腐 250グラム

材料はたったこれだけです!では作り方の紹介です。

作り方

  1. 白玉粉に豆腐を加え、耳たぶくらいの固さになるまでよくこねます。固いときは水を少し足してください。
  2. 生地を丸め、沸騰したお湯で茹でます。団子が浮いてきて2分ほどたてば茹であがりです。
  3. ざるに上げて水を張ったボウルにくぐらせ、再びざるに上げて水分をよく切ったらできあがりです。

材料はたった二つで驚くほど簡単にお団子が完成です♪きなこをかけたりあんこを乗せてもおいしいですし、みたらし団子もいいですね!

みたらし団子のたれ

  • しょうゆ 30cc
  • 砂糖 70グラム
  • 水 90cc
  • みりん 大さじ1
  • 片栗粉 大さじ1

これらを小鍋で煮立てたら完成です。ぜひ作ってみてください。素敵な十五夜になりますように♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする☆

 コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です