【岡山】鷲羽山ハイランドのアトラクションは怖い?世界一怖いスカイサイクル!

前回の岡山ブログでは鷲羽山ハイランドのフードコート、前々回は鷲羽山ハイランドのプールについてご紹介しました。

鷲羽山ハイランドシリーズ最終回の今回は「鷲羽山ハイランドのアトラクション」についてご紹介していきたいと思います。

鷲羽山ハイランドのアトラクションは、乗り物自体よりもその古さが怖い…?そして世界一怖いとの噂のスカイサイクルも!

私の大好きなUSJの乗り物と怖さ度を比べながらお伝えしていきます。

スポンサーリンク

鷲羽山ハイランドの乗り物は怖い?スカイサイクルは?怖さ度と待ち時間混雑レポート

①ウルトラツイスター

鷲羽山ハイランド3 ウルトラツイスター

まずはウルトラツイスターのご紹介です。この写真に写っているいる滑車がウルトラツイスターのレールです。

身長制限は120センチなので、平均身長でいうと小学校低学年くらいでも乗れるアトラクションになります。

とはいえ…ファーストドロップはこんな感じ!

鷲羽山ハイランド4 ウルトラツイスター

真下に落ちる感じですー( ;∀;)ですが実際乗った感想は…

USJのアトラクションで落ちるところが怖い乗り物といえば「ジュラシックパークザライド」ですが、あれと比べると全然怖くないです。

一番怖いのはファースドロップよりも、滑車をゆっくりゆっくり上がっていくところかもしれません。転んだような姿勢で最高地点までのぼっていきます。

浮遊感は最初のほんの少しだけです。USJのフライングダイナソーも意外と浮遊感ないので、フライングダイナソーよりもっともっと怖くない感じかもしれません。

が、絶叫マシーン苦手な人からすると実はフライングダイナソーの方が乗りやすい!?

②チューピーコースター

鷲羽山ハイランド5 チューピーコースター

チューピーコースターは鷲羽山ハイランドで一番初心者向けのコースターです。身長が110センチあれば乗れます。我が家の保育園年長の娘も乗れました。

特に怖がっている様子はありませんが、体感的にはUSJのフライト・ザ・ヒッポグリフ(ハリーポッターエリアのジェットコースター)や、スヌーピーのグレートレースより怖いです。

怖いといっても浮遊感はなく、落ちるときの落差や振られる感じがあの2つよりちょっと強めです。

③ターボドロップ

鷲羽山ハイランド6 ターボドロップ

ターボドロップはいわゆるフリーフォール系のアトラクションです。身長制限は130センチなので、小学校中学年くらいの子であれば乗れます。

これは家族の誰も乗る勇気がなかったので下から見ていたのですが…

鷲羽山ハイランド7 ターボドロップ

ひえー!結構高い!!一番上まで登ったら15秒くらい止まります。きっとここから見える景色はキレイでしょう♪一番上で大きな音が鳴るのでそれにびっくりします( ;∀;)

意外と怖くないのか、乗っていた方たちは笑顔で降りていっていました。

④レインボーワープ(観覧車)

鷲羽山ハイランド8 観覧車

観覧車って子どものときは楽しみながら乗っていた気がするのですが、大人になってから乗ると結構怖いですね。「早く降下して~( ;∀;)」と、引きつっていました…!

観覧車は身長制限はありません。定員4名なので、5人家族以上なら分かれて乗るようになります。

高さも怖いのですが、老朽化が…( ;∀;)中の椅子の横のパイプは錆びて、しかも穴が開いていたりするので「大丈夫!?」と余計に怖いです( ;∀;)

⑤チェーンタワー

鷲羽山ハイランド17 チェーンタワー

チェーンタワーはいわゆる空中ブランコです。5歳以上であれば乗車できます。

爽快感もありますが、これも意外と結構怖いです…!

⑥スカイサイクル

鷲羽山ハイランド9 スカイサイクル

そしてメインアトラクションはこちら…どの遊園地のアトラクションよりも怖い…世界一怖い!?と名高いアトラクション「スカイサイクル」です。

2人乗りの自転車で、レールの上を自分たちで漕いで進むのですが…

鷲羽山ハイランド10 スカイサイクル怖い

こーんな高い場所にあります!下を見ると…落下防止のネットなどなにもありません…( ;∀;)

鷲羽山ハイランド11 スカイサイクル 景色

海も見えて綺麗ですが…景色を眺めて楽しめる人が何人いるのでしょうか!

鷲羽山ハイランド12 スカイサイクル高い

こんな位置をこんな感じで進んでいきます。どんなに怖くても誰も助けてくれないので、何があっても自分の足で進むしかありません( ;∀;)

スポンサーリンク

ちゃっちい屋根はありますが、強めの雨風なんてしのげるわけがないですよ、これ|д゚)

鷲羽山ハイランド13 スカイサイクル 下

帰ってきた2人は一応笑顔ではありましたが、若干ひきつっているようにも見えました(^^)/

ちなみに身長制限は130センチで、スムーズに漕げば所要時間は5分くらいです。

鷲羽山ハイランドの乗り物の何が怖いかって、その古さ!事故は?

鷲羽山ハイランド16 古い

USJのアトラクションが怖いかどうかは私ブログの人気記事上位にたくさんありますが、鷲羽山ハイランドのアトラクションの何が怖いって、その乗り物の作りではありません。

見てください!この老朽化したレール!!

鷲羽山ハイランド15 老朽化

いやー、大丈夫なんでしょうか…。この上を乗り物が走ると「ゴーーー!!!!」ってすんごい音がします…( ;∀;)音だけでも怖い!

鷲羽山ハイランド14 滑車

アトラクションの乗り心地を楽しむというより、「事故がおきないかどうか」そのスリルを十分に味わる遊園地です…!

私たちが遊びに行った1週間くらいあとに、やっぱり事故がありました。最初にご紹介したウルトラツイツターの安全バーが外れ、男性客が背中に軽いやけどを負ったそうです。

幸い、命に別状はありませんでしたが…。

人気テーマパークに乗っかったイベントも!?

鷲羽山ハイランド1 イベント

日本の2大テーマパークといえばディズニーリゾートとUSJで、どちらも夏は水を使ったイベントが行われていますが、鷲羽山ハイランドでも水を使ったイベントがありました!

ディズニーやUSJのように凝ったストーリーはありませんが、水鉄砲を使って水をかけ合って楽しむ企画でした。

鷲羽山ハイランド2 イベント

思いのほか結構びしょ濡れになっていたので、この前にプールに入っているなら水着のまま参加してもいいかもしれません!

結構身長制限が厳しくて乗れないものがたくさんありました!

鷲羽山ハイランドには利用制限・身長制限のあるアトラクションは9つあり、そのうち2つは年齢制限5歳以上、身長制限110センチ以上が1つ、身長制限が120センチが1つです。

残りの5つは身長制限が130センチだったり140センチだったり、体重制限が32キロ~113キロでした(バンジージャンプ)。

なので、鷲羽山ハイランドの絶叫マシーンに乗ろうと思ったら身長130センチはないとあまり楽しめないかもしれません。

鷲羽山ハイランド18 公園 鷲羽山ハイランド19 遊具

代わりに、ちょっとした遊具もあったので、絶叫マシーンに乗れなくて飽きてきたら遊具で遊んでみましょう。

今回は1人1100円で入場できるチケットがあったので優待価格で入れましたが、大人1人2800円の通常価格では来ないかなーといった感じでした。

朝10時半に着いて午前中はプールに入り、そのあとご飯を食べて、14時半くらいには「帰ろうか」と。

しかも、窓口でも飲食ブースでもクレジットカードが使えない!今時こんな施設もあるんですねー。

混雑具合に関してですが、夏休みの平日では乗り物の待ち時間はほとんどありませんでした。あっても10分くらい。

食べ物 フードコート情報

鷲羽山ハイランドグルメについてはこちらの記事にまとめています!

【岡山】鷲羽山ハイランドフードコートの食べ物グルメの内容と値段
前回の岡山情報ブログでは鷲羽山ハイランドのプールについてお伝えしましたが、今回は鷲羽山ハイランドのフードコートの食べ物についてご紹介していきたいと思います。...

鷲羽山ハイランドのプール

スパイラルスライダープールの感想はこちらにまとめています。

鷲羽山ハイランドスパイラルスライダープールの内容や感想
子どものときに行ったっきりの鷲羽山ハイランド。先日優待チケットが手に入ったので、約20年ぶりに行ってきました!今回ご紹介するのは鷲羽山ハイランドのプール「スパ...

【関連記事】

遊園地テーマパークならやっぱり私はUSJ♪USJ人気記事はこちらから☆

【USJ】ミニオンパークの混雑状況!待ち時間、整理券、感想まとめ
4月23日(日曜)に早速ミニオンパークに遊びに行ってきました♪想像はしていましたが…恐ろしいほどの大混雑でした…!今回はミニオンパークオープン直後の混雑状況や、整...
【USJ】2017夏ミニオンウォーターサプライズパレードの場所取りや混雑攻略
6月30日からユニバーサルサマーフェスティバルが始まり、それに合わせてユニバのパレードも開催されています♪2017年夏のパレードは「ミニオン・ウォーター・サプライズ...
【USJ】ハロウィンホラーナイト2017の期間やアトラクションと混雑予想
7月18日、ユニバ公式サイトにて2017年のホラーナイトの概要が発表されました!私が一年を通して一番楽しみにしている「ハロウィンホラーナイト」の季節がいよいよやって...
【USJ】ユニバの夏の回り方2017版☆おすすめの安く効率よく回る方法♪
ユニバを何倍も楽しむコツはズバリ「あらかじめ回るルートを決めておくこと」です!当日着いてから空いてるやつに乗ろうか~、という乗り方よりは、先に決めておく方が...

スポンサーリンク
気に入ったらシェアしてね

気に入ったらシェアしてね

気に入ったらシェアしてね
スポンサーリンク

シェアする☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする☆

 コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です