【岡山グルメ】珈琲と人☆総社の人気古民家風カフェ♪子連れNGで一時話題に

先日総社に行く機会があったので、食べログで「総社 カフェ」で1位のお店に行ってみようと思い、検索してみたところ、そのとき1位だったのが今回ご紹介する「珈琲と人」です。

珈琲と人についてもう少し詳しく検索してみたところ、どうやらここ数日の間にネットで話題になっていたお店のようで、「子ども入店禁止」の措置で論議を浴びていたとか…!?

お店の雰囲気や味も気になりますが、「子連れ入店禁止」にした経緯について私も子どもを持つ親なので気になり、訪問してみました!

スポンサーリンク

子ども入店禁止の和風カフェ?なぜ禁止なの?「珈琲と人」

珈琲と人の場所 アクセス

珈琲と人1 場所

珈琲と人は総社市三須にあります。サンロード吉備路の隣なのですが、TSUTAYA方面から行く場合は、サンロード吉備路に入るための信号より手前に「珈琲と人⇒」という看板があるので、目印にしてみてください。

珈琲と人 駐車場

珈琲と人2 駐車場

お店の方へ行くと、右手と左手に駐車場がありました。今回は左手に停めました。

珈琲と人3 車

こんな感じです。台数もたくさん停められ、右でも左でも停めやすい感じでした。

珈琲と人 営業時間 定休日

営業時間は11時~20時まで(ラストオーダー19時)で、定休日は木曜日です。

珈琲と人は当面の間、子ども入店禁止に(開店~17時)

先に店内の写真を載せますが、珈琲と人の店内はこんな感じです。テーブル席もありますが、座敷もあります。

珈琲と人4 座敷

子連れだと座敷のお店を探しがちですね。しかもカフェで座敷!ありがたい♪と思うのですが…

お店の入口にこんな障子が置かれていました。

珈琲と人4 子連れ禁止

穴が開けられている障子です。ひどい部分は大きく破られています。障子の上方には注意書きもありました。

珈琲と人5 子ども入店禁止

お店のフェイスブック、インスタグラム、Twitterにも同様の注意が投稿されています。障子がこのようなことになったのは一度だけではなく、何度か続いたそうです。

障子を破ることももちろんいけないことですが、破ってしまったことについてお詫びもなく、そのまま帰るお客さんが多いため、このような措置を取ることにしたそうです。

お店のSNSへの投稿は8月13日になっていました。その後、またたく間にネットで話題になったようです。

ちなみに私が訪問したのは8月17日だったので、話題になった直後ということになりますね。そしてこの日にはフジテレビの取材が入っていました。

フジテレビ「グッディ」にて紹介

先日はフジテレビの何の番組でいつ放送なのかは聞けなかったのですが、今朝(22日)テレビ欄を見てみると、お昼のフジテレビ報道番組グッディにて「子供は入店禁止!ネットで物議」と書かれていました。おそらく珈琲と人の特集だと思われます。

放送を楽しみにしています♪

【追記】

やはり、グッディでの特集は珈琲と人が取り上げられていました。

お店の方いわく、障子を破られた挙句に無言で帰られたことのほかに、破られた障子の紙は置物の壺の奥に隠すように置かれていたそうです。

利用されていた席は個室っぽいところのように見えました。

お店の方がインタビューに答えられている様子は、私が見るには、怒っているというよりは残念そうな表情に見えました。

子連れ入店禁止について私が思うこと(個人的な意見です)

私も子どもがいるので、たまには友達とゆっくりお喋りしたい、カフェとか行きたい~!って気持ちはよーくわかります。

最近は子連れ歓迎のお店だったり、キッズルームのあるお店が増えてきていますが、私はそもそも「カフェ」は「子連れで気軽に行けるお店ではない」と思っています。

私の人生初カフェは、末っ子が保育園に入園した去年です。それまでは家庭保育だったので、子どもを連れてカフェに行くなんて考えもしませんでした。約10年間、そういうお店とは無縁です。

長男を産んだ当時はキッズスペースがあるお店なんてまだまだ今ほど普及していなかったので、もっぱら友達の家でランチや公園でしたね。今はまだ恵まれていると思います。

初カフェは「やっとカフェに来られて自由に喋ったり、ゆっくりできる時間が持てた♪」とうれしかったのを覚えています。

子連れでカフェに行くな!とは思いませんが、子連れならやはり行くお店は選ぶべきかなとは思います。

カフェは「1人でゆっくり本を読む」「友達とゆっくりお喋りをする」場だと思っているので、元気な子どもが騒いだり、ましてや走り回る、お店の備品に傷をつける場ではありません。

ですが、親の言うことをきちんと聞いていられる、親の横に座っておとなしくお絵かきしたり、絵本を読んで時間を潰せるような子なら、問題ないかなとは思いますが。

子連れでカフェに行くということはおそらくママ友たちと一緒に行くんでしょうから、おしゃべりしに行くわけですよね。

でも子連れだと周りや子どもが気になってゆっくりお喋りできません。それなら「カフェ」に求める癒しとズレてきませんか?

「子連れでカフェは非常識」とまでキツくつもりはありませんが、連れていくならば「ここは普通のお店ではない、カフェだ」と思って、細心の注意を払うべきかなと思います。

お店の破られた障子だってきっと、最初は1つ2つの穴だったんじゃないかなと思います。そのあと穴が増えていき、「前からあったんだから、まぁいっか(バレないか)」という思いがあって、増えて行ったんじゃないでしょうか。

今回のお店の判断が、このお店に限らず今後どう左右されるのかわかりませんが、これを教訓に、お店を利用する側もどうすべきなのか考えさせられたのではないかなと思いました。

でもやっぱりたまには独身時代のようにカフェに行きたい!

それなら、例えば津山のオンサヤコーヒー、こちらには完全分離のキッズスペースがあるので、こういうカフェもこれから増えていったらいいですね♪

【岡山グルメ】ONSAYA COFFEE(オンサヤコーヒー)津山店 ☆人気カフェでサンドイッ...
岡山の人気カフェ「オンサヤコーヒー」が2016年9月津山にもオープンしたとのことで、さっそく行ってきました☆オンサヤコーヒーは岡山の奉還町と問屋町にあります。前住...

長くなりましたが、次の章からはお店の紹介です♪

スポンサーリンク

珈琲と人 店内の様子 メニュー

珈琲と人6 玄関

玄関はこんな感じです♪玄関からすでにオシャレ!!

席は古民家風で雰囲気もばっちりです☆

珈琲と人12 座敷

夕方に訪問したのですが、あえて薄暗いのがまたいいですね~♪

メニュー表はこちらです。

珈琲と人7 メニュー

まず1ページ目に注意書きがありました。現在は子連れ入店不可なので、以前から注意はされていたのだと思います。

こちらは珈琲とジュース系!

珈琲と人8 メニュー

店名が「珈琲と人」ですし、コーヒーメニューが充実していますね。

紅茶、ゆず茶、ココアなどもあります♪

珈琲と人9 メニュー

こちらはスイーツメニューと夜のメニューです。

珈琲と人10 ランチメニュー

ケーキは3種類ありました。本日のケーキは今回はもうなかったのですが、作る方がチーズケーキ作りが好きだそうで、そのときの季節にあった果物と合わせて作ったりするそうです。

夜の食事はメインのほか、先付、小鉢、デザート付きで1700円です。

ランチメニューはこちらです。

珈琲と人11 夜メニュー

ドリンクのみ付けたら1050円、プチデザートも付けると1260円です。この日のメニューは以下のものでした。

珈琲と人10 ランチ

わー!おいしそう♪今回はデザートを食べに寄ったので、次回はランチに寄りたいと思います☆

ブレンドコーヒー&シフォンケーキ

珈琲と人15 コーヒーブレンド

ブレンドコーヒーはほどよい苦味もあって、でも飲みやすい♪

珈琲と人16 シフォンケーキ

シフォンケーキはふわふわ~♡小さいアイスも添えらえています。ケーキとドリンクを一緒に頼むと50円オフになります。

珈琲と人17 クッキー

ドリンクにはミニクッキーも付いてきます♪かわいい♪

紅茶&ガトーショコラ

珈琲と人13 紅茶

珈琲と人14 ガトーショコラ

ガトーショコラは「王道の濃厚ガトーショコラ」って感じではなく、ちょっとあっさりめなので重くないです☆

こちらには生クリームが添えられていました。

子連れNG…でもまた利用したい素敵なお店でした♪

このような措置を取ると、「珈琲と人=子どもNGの店」というレッテルは、今後どうしても付いてくることと思います。

雰囲気がよくてせっかく素敵なカフェなのに、こんなレッテルがついて回るのは非常に残念です。

お店の方の「子ども入店禁止」の措置は勇気がいったことかと思います。実際に共感以外にも批判もかなり受けたようにSNSに書かれていました。

ですが悪いのは、お店の備品を破損してしまった私たちお客側です。お客様は神様ではありませんし、お金さえ払えば何をしてもいいわけではありません。

もし壊してしまったら、「じゃあ修理代を払えばいい」というわけでもありませんよね。

そして、私たちだってお店を選ぶ権利があるように、お店の方にもお客を選ぶ権利があります。

もしかしたらこの措置によって変な噂が広まり、今後お店に人が減るかもしれません。

でも、お店の方だってお店のためだけではなく、もしかしたら、子連れではないお客さんたちがゆっくりできるように、との考えもあってのことかもしれません。

せっかくカフェにのんびりしに来ているのに、隣で小さい子がギャーギャー喚いていたり、走り回っていると、残念な気持ちになりますからね。

これこそ、客足が遠のくことに繋がるのではないでしょうか。

個人的には、こちらのお店を応援しています(^^)/

そして、これからも子どもを連れて外食する際は気を付けようと、改めて考えさせられた一件でした。

スポンサーリンク
このカテゴリの人気記事はこちら

このカテゴリの人気記事はこちら

人気記事
スポンサーリンク

シェアする☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする☆

コメント

  1. やっちゃん より:

    子供NGのレッテルというより、安心して静かに過ごせるところという評判の方が期待できるのでは?
    そうであって欲しいですね。
    子供をちゃんと見れない親もきっと騒がしいに違いない。
    むしろそういう人も来なくなるのがありがたい(笑)

    • なんのん より:

      コメントありがとうございます☆

      とってもいい感じのカフェだったので、変なレッテルが付いてしまったら残念なのですが、今後はゆっくり過ごしたい方からすると安心できるかもしれませんね。

  2. ハル より:

    知人がカフェを経営していますが、そこは未就学児童と小学校低学年まではお断りにしています。
    小学校低学年の特に男子児童に関しては、友達が一緒に入ったりすると
    自分の動きに規制ができなくなる子もいるようで、
    ときには未就学児童以上にカフェの備品を壊す等の被害が大きかったそうです。
    そのカフェの中には知人が手作りしたガラス細工の小物なども飾ってあり
    販売もしているんですが、少し目を離した隙に
    複数の家族で来店された中にいた数人の小学生の男の子がその飾り棚によじ登り
    棚ごとひっくり返してガラス細工8割ほど全滅したと言うことがあったそうです。
    母親は弁償も申し出てくださったそうです、が、お金の問題じゃなく
    一つ一つ心を込めて創り大切にしてもらえる方に販売をしていた小物が
    無残なガラスの破片にされ、それを自分自身で片付けなければならなかった悲しさや
    半分ふてくされたような顔でその場だけのごめんなさいを言った男の子の顔思い出すと
    今でも言いようのない怒りがこみあげるし小学生低学年の特に男児の顔は
    二度と見たくないと思うと、知人が見たこともないような表情で
    吐き出すように言った言葉が忘れられません。
    この店も未就学児童だけではなく、できれば1人で留守番ができないような
    小学校1、2年生の子供の出入りも禁止したほうがいいと思います。
    私自身も子供がいますがカフェに限らず飲食店でじっと座っていられないようならば
    食事の途中でも店を出、その後も食事はさせないとよく言っていました
    おかげで息子も娘も食事中に暴れたり備品を壊したことがありません。
    ちゃんとしつけることができないか、もしくはしつけても言うことを聞かない子は
    カフェ含めすべての店に入れるべきではないと私は思います。

    • にゃんのん より:

      コメントありがとうございます!

      そうですね、男の子に関しては特に、家族だけで行くときはおとなしくても、友達と一緒になるとテンションが上がってしまうお子さんもいますね。
      知人の方は残念でしたね。手作り品とのことで、思い入れも強かったことと思います。
      「これだから子連れは」と言われないように、お互いに気を付けていける世の中になるといいですね。

 コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です